美容

むっちり唇に♡ ロムアンド ジューシーラスティングティント6色レビュー

 

最近リップ熱がかなり高まっている私、11号がお届けするリップレビュー。

今回はrom&nd(ロムアンド)のジューシーラスティングティントをご紹介します!

 

日本での取り扱い店舗は?

日本には、ロムアンドのブランドショップはありません。

全く売っていないというわけではなく、LOFTやPLAZAなどのバラエティショップなら取り扱っている店舗もあります。

私も以前LOFTで見かけたことがあるので、気になる方はお近くのバラエティショップへ行ってみるのもオススメです。

ちなみに、私は今回もQoo10beautitoppingでお買い物をしました。

基本は1本1080円で、秋冬に出た新作は1180円で買うことができます。

12/25に注文し、4日後の12/29に届きました。早い発送で嬉しかったです。

今回は段ボールに入った状態で届きました。

箱のつぶれもなく、傷もなく届いたので安心しました。

 

パッケージ

まず外箱が可愛い!と、思わず写真を撮ってしまいました。

それぞれのカラーの名前にもなっている果物・食べ物の絵が描いてあり、可愛さ抜群です。

品番と色名が書いている面もあり、おしゃれさもあるなと感じました。

開ける前から楽しいリップで、かなりテンションが上がります。

発色

今回も、すっぴん唇との比較画像を載せていきます。

私のすっぴん唇は血色が悪く、特に上唇はかなりくすんだ茶っぽい色がデフォルトです。

色が分かるように、かなりたっぷりと塗り重ねて撮影しました。

No.5 peach me(ピーチミー)

桃という名前とマッチする、明るめピンクカラーでした。

パッケージやチップの色が蛍光っぽく見えますが、唇に乗せて伸ばすと綺麗なピンクになります。

ツヤがありながら鮮やかな発色なので、顔色を明るくしたい時に便利なカラーとなっています。

薄く伸ばしてグラデーションリップのベースにしても可愛いなと思いました!

 

No.6 figfig(フィグフィグ)

fig=イチジクという意味。

公式ページには「クールトーン」という表記があり、確かにかっこいい系の赤といった発色です。

マニッシュな深め赤で、ローズっぽさもあり大人っぽい印象になります。

ボルドーやワインのような深い色になるので、個人的にはブルべ冬さん向けのカラーかなと思いました。

 

No.7 jujube(ジュジュブ)

jujubeはナツメカラー。

こちらは「ウォームトーン」という表記にもあるように、温かみのあるくすみオレンジに発色しました。

秋冬っぽい色味ですが、春先でもシックな印象にしたいときに使えるカラーだと思います。

まろやかな色をしているので、オレンジ中心のナチュラルメイクとの相性もよさそうです。

 

No.9 litch coral(ライチコーラル)

コーラルというより、赤みの強いオレンジのような発色でした。

ピンクっぽい色をイメージしていたのですが、元の唇の色が関係したのかなと思います。

7番jujubeと似ていますが、jujubeのほうが深く濃い色で、litch coralのほうは明るさを感じます。

赤とオレンジの中間のような色味なので、真っ赤なリップが苦手な方でも付けやすいと思いました。

 

No.10 nudy peanut(ヌーディーピーナッツ)

2019年秋冬に出た新色です。

ピーナッツの実のような、淡いオレンジベージュに発色しました。

オピュ・ジューシーパンティントBE01と似たカラーだと思いました。

ロムアンドのほうがオレンジが強く、色もはっきりしているように感じます。

肌なじみのいい色なので、どんなメイクにも合わせやすいと思います。

 

No.11 pink pumpkin(ピンクパンプキン)

こちらも2019年秋冬に出た新色。

かぼちゃという名前のとおり、深めのウォームオレンジに発色しました。

パキッとした明るいオレンジが苦手な方でも使いやすい色だと思います。

公式ページだとくすみカラーが目立っていたのですが、実際につけてしばらく経つと赤みが出やすくなると感じました。

 



腕スウォッチ

腕に塗ってみたスウォッチは、こんな感じです。

こちらのほうがパッケージや公式サイトの画像と似た色味になっていると思います。

リップのスウォッチは元の唇の色が関係してくるので、腕スウォッチとはまた違った発色になることが多いです。

腕に塗っただけでも、密着度が高いリップだと感じることができました。

お風呂で体を洗ってやっと色が完全に取れるくらい、色持ちも良かったです。

 

使い心地

ツヤツヤ!というより、水分量が多くて密着する感じがしました。

むっちりとしたぷりぷりの唇になるイメージです。

唇になじむMLBBカラーが見つかれば、内側からにじむような色っぽさも演出できるリップだと思いました。

たっぷり重ねるとツヤも出てきますが、そのぶん色も濃くなってしまうため、ツヤ感を重視するなら透明グロスを重ねてもいいと思います。

時間がたつとどの色も濃くなり、似たような発色になってしまうため、塗りたての色がずっと続く、というわけではなさそうです。

オピュのジューシーパンティントとほぼ同じ、ぶどうのような甘い香りがします。

香り付きが苦手な方もいるかもしれませんが、私は好きな匂いでした。

Qoo10 qoo10 キューテン

まとめ

ジューシーラスティングティント6色を紹介しました!

参考になれば幸いです。

ほかのブランドにはないくすみカラーが多く、人気の高いロムアンドのリップ。

ジューシーラスティングティントは発色のいいツヤティントを探している方におすすめできるリップだと感じました!

新しいリップ探しにぜひ活用してみてください!