ウェルスナビ

ウェルスナビ 6ヶ月の資産運用実績を報告&1年間運用してきた感想を公開!【2020/3-2020/8】

 

今回は、ウェルスナビで半年間、資産運用してきた実績を報告していきます。

また、9月で運用開始から1年が経ったので、資産がどのように推移していったのかもお見せしていこうと思います!

そもそもウェルスナビがどんなサービスなのか知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
投資初心者におすすめ!WealthNavi(ウェルスナビ)運用開始までの流れ 今回は、ウェルスナビのサービスについて・資産運用の始め方などを解説していきます。 実際に使ってみて、ウェルスナビは投資初心...

 

初期投資・積立金額は?

初期投資などの設定は、以下のようになっています。

  • 初期投資30万
  • 積立3万/毎月末
  • 運用期間20年
  • リスク許容度3

40代になって1000万になっていればいいなと思い、この設定にしています。

今のところ、滞ることなく毎月順調に積み立てができています。

無理のない金額・不安にならないようなリスク許容度が大切なのだと実感しています。

 

6ヶ月分の運用報告

2020/3~2020/8までの毎月の運用実績を振り返っていきましょう。

3月:428,539円(-51,461円/-10.72%)

1ヶ月を通して-17.6%~+2.2%の値動きでした。

新型コロナウイルス拡大による感染症の終息が見えないことが影響し、グラフはずっと潜ったままです。

世界的に経済活動も止まっている時期なので、仕方ないのかなと思いますが、いつまでもマイナスなのは気が滅入ります。

なぜか月初はプラスに転じたものの、中旬には最低値を更新し、月末には少しだけ戻っていました。

どこが底になるか分からないので安心できませんが、このまま持ちこたえてくれることを願うのみです。

何年かかってもいいので、とりあえず±0%まで戻ってほしいと思います。

 

4月:492,519円(-17,481円/-3.43%)

1ヶ月を通して-13.9%~-2.5%の値動きでした。

3月にはどん底まで落ち込んでいたのですが、徐々に復活してきたのが分かります。

意外と早く±0に戻りそうで驚きました。

しばらく元には戻らないだろうと思い、期待していなかったので、この状況は素直に嬉しかったです。

 

5月:544,961円(+4,961円/+0.92%)

1ヶ月を通して-6%~+0.9%の値動きでした。

月末になって、わずかですがプラスに転じました!

またいつ落ちるのか分からないと冷や冷やしていたのですが、予想に反してじわじわと上がっていってよかったと思います。

 

6月:586,378円(+16,378円/+2.87%)

1ヶ月を通して-0.3%~+6.3%の値動きでした。

月初に大きくプラスに傾いたので、このままの勢いが続いてほしかったのですが、少し低迷した後、横ばいという結果になりました。

一瞬マイナスになった時は肝が冷えましたが、持ちこたえていたので良かったと思います。

短い期間の増減に一喜一憂しないというのは大切ですが、やはりマイナスとなると不安にもなってしまいます。

今の状況では大きく増えることなく横ばいというのでも十分うれしいので、このままを保ってほしいというのが本音です。

 

7月:630,045円(+30,045円/+5.01%)

1ヶ月を通して+2.9%~+6.4%の値動きでした。

久しぶりに、大幅なプラスが維持された画面を見ることができました!

投資額も大きくなってきたので、+5%で何万円も増えているのを目にすると嬉しくなります。

中盤から少し落ち込みましたが、全体的にプラスのままだったのでよかったと思います。

 

8月:681,172円(+51,172円/+8.12%)

1ヶ月を通して+5%~+8.4%の値動きでした。

ここ2ヶ月はまったく元本割れの心配もなく、順調に推移していってたと思います。

世界経済がどうなるかにもよりますが、引き続きこの調子を保ってほしいところです。

 



 

1年間の推移は?

この1年間で資産がどのように推移していったのかを見ていきます。

ざっくりと月も入れてみました。

薄い水色が元本の推移、青い線が資産運用額の推移となっています。

やはりコロナが影響した3~4月はかなり落ち込んでいますが、意外と早い5月には復活の兆しが見え、6月頃からは基本的にプラスとなっています。

最高潮だった2月頃と同等まではいきませんが、回復してきたので一安心しました。

 

半年に一回のリバランス実施

前回のリバランスから半年が経ち、再びリバランスが行われました。

少額ずつですがリバランスが行われています。

毎月の積立でも少しずつバランス調整が行われているので、リバランスで大きく変更することはないということでしょうか。

個人的には、あまり成績の良くない不動産が買い増されていることが若干心配ではあります。

 

分配金と手数料を比較

分配金と手数料の総額は以下のようになっています。

ギリギリ分配金のほうが上回っている状況です。

手数料もそれなりにかかっているので、いつかは逆転してしまうのではないかと思っています。

運用額が増えるとともに手数料も増えていくと思うので、今後の動向には注目していこうと思います。

 

1年間運用した感想・まとめ

今回は、ウェルスナビで資産運用してきた実績を報告しました。

投資額が上がるにつれ、「ここから1%も手数料取られるの、もったいないよなぁ」という気持ちが沸いてきて、これからウェルスナビを続けていくかどうか、揺らいでいます

つみたてnisaでウェルスナビと同じようなバランス型の投資信託を運用しているため、ネット証券などで投信信託を積み立てていったほうが将来的に得になるのでは?という疑問も沸いてきました。

手数料や運用方法などをこれからしっかりと調べて、今後もウェルスナビを続けるかどうか検討していこうと思います。

とりあえず今はこのまま、ウェルスナビで積み立てを続けますが、数か月後には「やめました!」という記事を書いている可能性もあります…。

これからどうしていきたいか、しっかり考えます!

今回は以上です!