つみたてnisa

つみたてNISAの始め方レポ。証券会社や銘柄などを公開!

 

 

今回は、つみたてnisaについて・始めてみたきっかけなどを記事にしました。

投資が気になっている方、これから始めてみようか迷っている方に読んでいただきたい記事となっています。

 

つみたてnisaとは

つみたてnisaは、少額からの長期・積立・分散投資ができる資産運用の制度です。

投資というと短期売買のイメージを持つ方もいると思いますが、つみたてnisaは何年もかけて一定の金額を積み立てていき、着実に資産を増やそうという考えに基づいています。

1年あたりの積立枠が40万円分、積立開始から最大で20年の非課税運用期間があり、節税しながら積立投資できるのが特徴です。

運用資産は途中で引き出せるので「子どもの教育資金に」「住宅購入のための資金に」など、様々なライフイベントに合わせた活用もできます。

 

つみたてnisaを始めたきっかけ

投資をやってみよう!と考えたとき、私が候補として挙げたのは次の3つでした。

  • iDeCo
  • つみたてnisa
  • ウェルスナビ

投資についてあれこれ調べていた当時は、リバランスも不要で入金すれば自動でポートフォリオを組んでくれるという点をとても魅力的に感じたため、ウェルスナビで積立投資をすることにしました。

つみたてnisaは銘柄を自分で選ばなければならないというのも、以前はハードルが高く感じていました。

その時点でつみたてnisaは候補から外れ、ウェルスナビ一本でやっていくぞ!と思っていました。

2019年中はウェルスナビも好調だったので、他のところに口座開設して投資してみたい!という欲が湧いてきました。

そこで改めて投資について調べていくうちに、つみたてnisaについて新たな知識を得ました。

  • バランス型のインデックスファンドだとリバランスは自動
  • 節税のメリットが結構大きい

特にバランス型の投資信託だとリバランスも自動で行ってくれるというのは、もっと早く知っておきたい情報でした。

さらに、運用分は非課税になるなど節税によるメリットも大きいと感じたため、ウェルスナビとつみたてnisaを併用することに。

他口座へ十分な預金を残しつつ、余剰資金を活用して投資の幅を広げてみました。

 

証券会社はどこにした? 決め手は?

つみたてnisaは、ネット証券の楽天証券で口座開設・運用しています。

開設の手続きがすべてネットで済むこと、手堅い運用をしてくれる印象があったのが大きな理由です。

楽天ポイントでの投資もできるので、たくさんポイントがたまっている方や初心者の方でも始めやすいと思います。

さらに、ポイ活サイトモッピーから口座開設・1ヶ月以内に1万円以上の入金をすると、900Pゲットできます!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

普通に始めるよりもお得になるので、ポイ活をしている方にはモッピーがおすすめです!

 

つみたてnisaで選んだ銘柄・毎月の積立金額

つみたてnisaでどの銘柄を選べばいいか、悩む方は多いと思います。

私もネットでいろいろ調べて、どの銘柄がいいのか検討していきました。

基準としたのは以下の2点です。

  • 激しい値動きがなさそう
  • いろんなところに分散して投資できる

少しの値下がりで動揺してしまう性格なので、リスクが高いアクティブファンドは避けようと思っていました。

「なるべくリスクは低く、着実に資産を増やしていきたい」という思いから、インデックスファンドに絞っていきました。

その中でも人気の高かったemaxis slimバランス(8資産均等型)に決定、現在も運用しています。

このファンドは国内株式・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債権・新興国債権・国内リート・先進国リートに、それぞれ12.5%ずつ分散して投資を行います。

分散投資できる先が8つあるため、ウェルスナビと近い形で運用できそうだと思ったことが、選択した大きな理由です。

2020年の積立枠は3月から10ヶ月分となっていたため、積立金額は月4万円にして、非課税枠の40万円をフル活用することに。

半年後・1年後にどうなっているのか、今から楽しみです。

 



まとめ

今回は、つみたてnisaについて・私が選んだ銘柄などを解説していきました。

つみたてnisaは、資産運用を始めたいという方に、はじめの一歩としておすすめできる運用方法だと思います。

今すぐに始めるかどうかは……個人の判断によると思います。

私の場合は、買付などが行われたのが2月末ということで、始めてから一度もプラスになっておらず、お得に投資できているという実感がありません。

始めるタイミングがあまりよくなかったのかなと感じています。

ウェルスナビと同じように、半年に1回くらいのペースで運用実績を報告していこうと思います。

初回報告は9月を予定しています。

今の相場が半年後にどう変化しているのか、じっくり見守っていこうと思います。