投資・節税

ふるさと納税で税金を節税しよう!【ふるなび体験談レポ・感想】

 

みなさんはふるさと納税、もうやっていますか?

テレビCMも放送されていますが、どんな制度なのかいまいち分からないという方もいると思います。

今回は、ふるさと納税の仕組みについて・おすすめのふるさと納税サイトなどを紹介していきます!

実際にふるさと納税をして返礼品で何をもらったか、住民税が節税できた体験などもレポートしていきます!

ふるさと納税の仕組みや税制・メリットは?

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、自分の居住地以外にも、自分の生まれた地域や応援したい地域にお金を寄付することができる制度です。

ただ寄付するだけではなく、寄付金の使い道を指定できたり、寄付金額に応じた返礼品が設定されている自治体も多くあります。

ふるさと納税の税制・メリット

所定の手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える金額については所得税の還付や住民税の控除を受けることができ、節税につながります。

今まではただ払うだけだった所得税や住民税ですが、ふるさと納税を利用することで【住民税を先払い+2,000円の自己負担で地方の応援ができたり各地の名産品が手に入れられる】というイメージを持っておくといいかもしれません。

また、ふるさと納税には年収や家族構成による寄付金額の上限があるため、ふるさと納税をすればするほどお得!というわけではありません。

各ふるさと納税のサイトでも控除金額のシュミレーションができるため、気になる方はサイトをチェックしてみるのがおすすめです!



ふるさと納税するなら「ふるなび」がおすすめ!


ふるさと納税サイトとしてメジャーなものは、以下の3サイトです。

  • ふるなび
  • さとふる
  • ふるさとチョイス

他にも、楽天市場などのサイトからもふるさと納税を申し込むこともできます。

その中でも、個人的におすすめなのがふるなび

ふるなびを利用するメリットは、寄付額に応じたamazonギフト券コードがもらえること!

時期によってもらえる金額は変わりますが、寄付金額の2~5%相当がゲットできちゃいます。

ふるさと納税後すぐにギフトコードが付与されるわけではなく、だいたい寄付から2ヶ月後にコードが発行されます。

実際に2019年ふるさと納税でいただいたものは?

ふるさと納税の返礼品として、お米やお肉といった食料品がもらえるとイメージしている方も多いと思います。

しかし食料品だけではなく、パソコンやテレビなどの電化製品も返礼品としてラインナップされています。

2019年に私がいただいた返礼品は、岐阜県美濃加茂市のお米10kgと、宮城県角田市のアイリスオーヤマ製トースターでした。

初めてのふるさと納税だったので、ちょっと怖くて上限より少なめの寄付金額にしてみました。

寄付してから返礼品が届くまでの期間ですが、トースターが2週間ほど、お米は1か月くらいかかりました。

一緒に送付される寄付金受領証明書ワンストップ特例制度の申請書は、確定申告などの申請に必要となりますので、大切に保管するようにしましょう。



税金の手続きの流れ

ふるさと納税による税金の還付・控除を受けるためには、確定申告ワンストップ特例制度を利用する方法があります。

確定申告

ふるさと納税の申請として原則で推奨されているのが確定申告です。

確定申告をすると、所得税の還付+住民税の控除を受けることができます。

対象としては

  • 会社員で医療費控除や住宅ローン控除を受けている方
  • 自営業や金融資産による副収入を得ている方

などが該当します。

確定申告と聞くと面倒なイメージがあるかもしれませんが、最近ではネット手続きと郵送で完結したりと、意外と簡単になってきています。

不安な方は税務署などへ行って相談しながら書類を作るのがおすすめです!

ワンストップ特例制度

ふるさと納税では、確定申告が不要なワンストップ特例制度があります。

ワンストップ特例制度だと住民税の控除を受けることができ、

  • 確定申告をする必要がない方
  • 寄付先が5自治体以内の方

が対象となります。

ワンストップ特例制度の申請書に必要事項を記入し、本人確認書類とともに提出する形式となっています。

詳細はふるさと納税の各サイトをチェックすると分かりやすいです!

実際に控除された後の住民税をシュミレーション!

控除される金額は分かるけど、控除された後の住民税はどれくらいの支払いになるの?

気になる方は、住民税の自動計算サイトを利用すると便利です!

居住地の自治体を選択して年収や社会保険料などを入力していくと、払うべき住民税額がシュミレーションできるサイトとなっています。

あくまでシュミレーションなので、実際にこの計算で出た金額がそのまま住民税決定額にはならないことに注意しましょう!

実際の住民税は、毎年6月に送付される住民税決定通知書を見ると、控除された金額が分かるようになっています。

「住民税が安くなってる!」と実感できるのは、ふるさと納税で寄付した翌年の6月以降ということになります。

 

ふるなびを使うならモッピー経由だとお得に!

返礼品がもらえてお得なふるさと納税ですが、ポイントサイトを経由するともっとお得になることを知っていますか?

ポイ活サイト・モッピーを経由して、ふるなびでふるさと納税を行うと、寄付金額の1%分のポイントがゲットできます!

3万円分寄付すれば、300ポイントゲットできる!

ポイントは1pt=1円現金やItunesギフトカード、Amazonギフト券への交換が可能となっています。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ふるさと納税だけでなく、楽天市場やLOFTネットストア、Qoo10など日常的なネットショッピングで使える提携サイトがたくさんあります!

紹介記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ネットショッピングでポイ活するならモッピー!活用方法などを解説します 今回は、日常的にネットショッピングをする方におすすめのポイ活サイト・モッピーについて解説していきます! モッピーを経由して...


まとめ


今回は、ふるさと納税の仕組みやおすすめのサイトについて紹介していきました。

地域の応援や返礼品など、寄付する側も楽しめるのがふるさと納税の特徴ともいえます。

ふるさと納税を通して応援したい自治体を見つけてみてはいかがでしょうか?