読書

映像化必至!波乱の展開に息を呑む『パラドックス13』/東野圭吾【レビュー】

 

今回は、東野圭吾の作品の中でも、私が一番大好きな『パラドックス13』を紹介します。

なるべくネタバレなしで紹介していきます。

ファン厳選!東野圭吾おすすめ小説6作品【ランキング】 東野圭吾といえば、映画やドラマなど、メディアミックスには欠かせない人気作家。 私も、おすすめの作家を聞かれると真っ...

 

あらすじ

13時13分13秒、街から人が消えた。無人の東京に残されたのは境遇も年齢も異なる13人の男女。なぜ彼らが選ばれたのか。大雨と地震に襲われる瓦礫の山と化した街。そして生き抜こうとする人たちの共通項が見えてくる。世界が変われば善悪も変わる。殺人すらも善となる。極限状態で見えてくる人間の真理とは。

(文庫版裏表紙より引用)

 

見どころ紹介

P-13現象とはいったい何なのか?

冒頭、政府の要人が「P-13現象」について話しているところから始まります。

「3月13日13時13分13秒から13秒間、何かが起こるらしいが、何が起こるかは分からない」というJAXA職員の見解。

「なにか大きな事件や事故が起こらないように、最大限の注意を」と、官僚たちは具体的な策を何ひとつ打てないまま、当の時間を迎えることになります。

P-13現象の詳細は、政府の主要な人物にしか知られていない極秘事項でした。

刑事の誠哉は「13時から20分間は動くな」と伝えられていたが、弟で同じく刑事の冬樹とともに、P-13現象に巻き込まれてしまいます。

 

突然、街から人がいなくなったリアリティ

冬樹が目の当たりにしたのは、人が消え去った東京の街でした。

直前までの生活感が残る中、運転手のいなくなった車は暴走し転倒、車同士の衝突事故がおこり、あちこちでガソリン漏れによる火災が発生します。

このまま一人でいても埓があかない。

取り残された人たちは、様々な手段を使って自分の居場所を示していき、やがて残された全員が集合することになります。

 

人のみが消えたことによる災害発生の流れは自然で論理的であり、実際にこうなるだろうという予想もつきます。

SFチックにいろいろなことが起こっているにもかかわらず、私たち読者はその現象をすんなりと受け入れることができるはずです。

 



法や秩序の存在しない世界

人がいなくなることで災害が発生し、ある種の無法地帯となった東京。

生きて行くためには水や食料が必要です。

でもそれを買うための金はいつかなくなります。

銀行の窓口や商店のレジ係といった人が消滅している今、勝手に物を盗んでも何も言われません。

警察という機構が存在していない以上、いや、国家というものがなくなってしまった以上、この国を取り締まるものは存在しないのです。

この状況を有利に生かそうと私利私欲を果たそうとする人がいる一方、理性的に動こうとする良心ある人間もいます。

なかには会社の上司と部下という関係の者もいるが、混沌の世界ではそんな序列も意味がありません。

法や秩序、序列とは一体何なのか、考え直すためのきっかけにもなる小説となっています。

 

迫られる選択、善悪の判断基準とは?

人が多くなると、足手まといも増えていきます。

たくさん動き回らなければならない状況で、特に老人と子どもはどうしても邪魔になってしまいます。

彼らを切り捨ててしまうかどうか、そこには倫理的にも重大な問題を孕んでいて、簡単には決められません。

迫られる選択。より多くの人間が生き延びるために、彼らはどうすればいいのか。

この世界での悪や良心はどこにあるのか。

彼らは、今、私たちが生きているこの環境からは想像もつかないような決断・判断をしないといけません。

その苦しみや絶望を、同じような目線で味わうことができるのも、描写の成せる技だと感じます。

 

まとめ

今回は、東野圭吾「パラドックス13」をレビューしました。

このような極限の状況下では、理性的でいなければいけないが、理性だけでは生きていけません。

13人が試行を重ね、迎える結末とは。

本書最大の問題・P-13現象の正体とは。

多くの謎を孕んだまま展開していく物語から、目が離せません。