読書

ゴシックミステリの世界へようこそ『儚い羊たちの祝宴』/米澤穂信【レビュー】

 

今回は、米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」をレビューしていきます。

ある読書サークル【バベルの会】で巻き起こる五つの事件を描いた短編集となっています。

上流階級の人々が、ほの暗い雰囲気の中で繰り返し巻き起こす惨劇の結末とは。

いつものように、なるべくネタバレなしで解説していきます。

あらすじ

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑みを誘い、最後に明かされる残酷までの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

(文庫版裏表紙より引用)

 

見どころ紹介

上流階級の人々が織りなす物語の残酷さ

五編からなる「儚い羊たちの祝宴」では、どの章でも上流階級といえる富裕層の人々が登場します。

広大な屋敷に使用人、御前様やお嬢様といった身分の高い人たち。

浮世離れした登場人物たちの間には、俗世間の常識が通用しないかのような特殊な空気が流れています。

丁寧な語り口調の隙間からのぞく、下賤な人々を見下す視線は残酷です。

深層描写のどれもが共感を呼ぶものではなく、ただ違う世界の人間が持つ異質なものとして受け取られます。

時にはその動機さえも到底理解できるものではなく、読者にとっては不気味に映ることでしょう。

ミステリという非日常的な物語の中で、さらに浮遊しているかのような感覚になれるのがこの「儚い羊たちの祝宴」だと考えています。

 

静かな心情の移ろいを克明に描くダークミステリ

各章の地の文では、主に一人称が用いられています。

それは屋敷の使用人や別荘の管理人であったりと、誰かに仕えている人物の視点であることが多いです。

モノローグで語られるからこそ、語り手の独りよがりで歪んだ思考が少しずつ明らかになっていきます。

抑えきれなかった悪意がじっくりと染み出してくるような感覚になり、表出した本性のほの暗さには背筋が凍ります。

物語の展開として派手さはないものの、語り手の意志や心情が静かに、しかし確実に表面にあらわれてくる瞬間があり、恐怖を誘います。

時には詳細な風景描写とともに、陶酔しているように甘美な文章で紡がれていく物語に、ページをめくる手が止まりません。

 

雰囲気を180度変えてしまう「一文」に瞠目

どの短編も、たった一文から物語の趣がガラッと変わってくるのが特徴的です。

その一文は章の切り替わりの役目を果たすものもあれば、物語の最後に置かれるものもあります。

崖から突き落とされるような衝撃だったり、すっと体温が下がるような感覚を覚えたりと、読者に与える印象も様々です。

どれにも共通していることは、その一文に付随している狂気

常軌を逸しているといえるものから、不穏な空気を残すものまで、どれもが狂気に満ちていて恐怖心をあおります。

ダークホラー×ミステリの秀逸な作品として評価されている「儚い羊たちの祝宴」において、《一文》は強烈なスパイスとなり読後の余韻を残しています。

世界がひっくり返る瞬間を何度も味わいたい方は、ぜひ読んでほしい。


まとめ

今回は、米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」をレビューしていきました。

どの小話もゾクゾクと背筋が粟立つ、不思議な読後感となる作品ばかりです。

「ゾッとした気分になりたい」という方は、ぜひ読んでお気に入りの一話を探してみてください!