ミュージカル刀剣乱舞

【刀ミュ】ファンサがもらえるかも……!応援うちわの作り方

 

ミュージカル刀剣乱舞(刀ミュ)を観るうえで大切なのが、うちわ。

推しからファンサをもらいたいけど、絵が描けないから自分で作れない…… 
自分で切って貼ってうちわ作るの、面倒だな……

と思っている審神者の方、いませんか?

そんな方におすすめしたいのが、ファンクリエイト(ファンクリ)です!

ファンクリには、web上で簡単にうちわ作成できるサービス【webデコうちわ】があります。

今回は、ファンクリについて・webデコうちわの作り方を、画像をたっぷり使ってご紹介します。

刀ミュ関連記事リンク集

◆公演について一通り知りたい

◆チケットの申し込みについて知りたい

◆ライビュや配信が見たい

◆ゲネプロや公演のレポートを読みたい

◆キャストについて基本情報が知りたい

ファンクリ&webデコうちわって?

ファンクリエイト(ファンクリ)は、オリジナルグッズが作成できる専門ショップ。

今回ご紹介するうちわのほかにも、キーホルダーやステッカーなど、様々なグッズを作ることができます。

カスタムオーダー式なので、自分のデザインでお気に入りのグッズを作れます!

webデコうちわは、web上でうちわを作ることができるサービスです。

デザインの保存や、手元にある画像をアップロードして使うこともできるので、利便性が高いのが特徴です。



会員登録って必要?メリットは?

webデコうちわは、会員登録をしなくても使うことができますが、登録するとメリットが7つもあります!

これから何度も使う予定がある!という方は、会員登録しておくと便利です!

会員登録する方は、そのままスクロールすると会員登録方法が読めます。

会員登録しない方は、刀ミュうちわのルールまでジャンプしましょう。

刀ミュうちわのルールまで移動する

 

会員登録方法

まずは、webデコうちわにアクセスします。

アクセスできたら、上にあるログインをクリックします。

 

スクロールしていくと、新規会員登録ボタンが出てくるので、そちらをクリック。

 

フォームに必要事項を入力すると、会員登録ができます!

刀ミュうちわを作るうえでのルールや規則!

うちわを作る前に、刀ミュで使ううちわのルールについて、確認しておきましょう。

各公演のQ&Aページには、以下のように記載されています。

●面の部分(持手を含まない)が30cm×30cmまでのうちわや扇子
※お持込みいただくうちわの枚数の制限はございませんが、応援の際は必ず1枚でお願い致します。
※装飾をする場合も、公式の規定サイズ(30cm×30cm)からはみ出さないようご注意ください。
※モール等取れやすいものでの装飾はご遠慮ください。
※ホログラム等、反射してしまう可能性のあるものでの装飾はご遠慮ください。
※上記以外のボードや、垂れ幕等のお持込はご遠慮ください。
※応援グッズはご自身の胸のあたりでお持ちください。
頭より上げる等、他のお客様のご迷惑となる行為はご遠慮ください。

参考:https://musical-toukenranbu.jp/contents/help_musical

webデコうちわで注文したものは、30cm×30cmの範囲に収まるようになっています。

照明によって反射してしまうホログラムや、モールなど取れやすいものは使わないようにしましょう。

男士の紋はうちわに使えるの?
ネットなどで拾った画像をそのまま使うのではなく、参考にして描いたものはOK!

自分で用意した画像をうちわに使う方法は、後ほど説明します!

【実践】うちわを作ろう!

それでは、ファンサでは定番の「ハート作って!」うちわの作り方を見ていきましょう!

両面・片面・シールのみなど、うちわのタイプを決める

webデコにアクセスし、作るうちわの種類を決めます。

うちわのシールのみ、うちわの片面にシールを貼った商品、うちわの両面にシールを貼った商品の3つから選べます。

ちなみに私は「両面うちわ」を2回注文しました。

両面が完成した状態のうちわが届くので、すぐに使うことができて便利です。

 

デザインをシュミレーションする

クリックすると、シュミレーションの画面が出てくるので、文字や背景などのデザインをしていきます!

文字の色、枠、書体など、細かく変更できるので、こだわりのうちわを作れます。

基本的な背景色は黒ですが、柄などをつけることもできます。

「スタンプを入れる」に刀剣・家紋・和風という審神者向けスタンプもあります。

 

自分で描いた絵を使いたい! 画像の挿入方法

自作のイラストを使いたい場合は、右下の写真を入れるボタンから挿入できます。

とっても簡単!

トレースした画像をここから取り込むこともできるので、自分でトレースした紋を使いたい時にも便利です。

 

何種類もデザインを作って保存できる!

左上にあるメニューからデザインの保存ができるので、何パターンも作って吟味するのもアリです!

 

デザインが完成したら、購入手続きへ

完成したら、右上のボタンからデザインを決定してカートに入れ、お支払いページへと進みます。

あとは購入手続きをすませたら、オリジナルうちわの完成です!

私が注文したときは、3日で届きました! スムーズでスピーディな発送でした。

 

うちわデザイン考察・ファンサがもらえるうちわとは?

好きなようにうちわが作れる!とwebデコをおすすめしましたが、そもそもデザインセンスがないから……と気遅れになっている方もいるのではないかと思います。

私も、うちわの配色よく分からない……見やすいデザインってなんだ……と悩んだ一人でした。

実際に作成し、公演や乱舞祭でファンサをもらえたうちわには、ある共通点がありました。

自分でうちわをデザインして分かった、ファンサがもらいやすそうなデザインや色について書いていきます。

背景は黒、ではなく他の色を使う

ファンサ用に使われる大きなサイズのうちわは、黒い背景が多いです。

手作りの場合はその上に文字シールや絵を張り付けるため、そのまま背景が黒になることが多くなります。

そこで、webデコでデザインする際は背景色を赤や青などに変えてみるのがおすすめです。

キャストの立場になって考えてみると、分かりやすいかもしれません。

黒っぽいうちわが多く並ぶ中で、ちょっと明るい色のうちわを見つけたら?

目につきやすくなりますし、その分ファンサがもらえる確率も高くなると思います。

私の場合は、推しのペンライトカラーを背景にしてうちわを作り、ファンサをもらえました。

テーマカラーを一つ決めておくと、上に乗せる文字や柄の色も選びやすくなって、うちわ作りもはかどると思います。

個人を狙い撃ちにする

通路を練り歩くキャストは、自分(の役)を推しているお客さんを探していることが多い印象です。

「ペンライトの色で見分けている」というのは知られていると思いますが、うちわの内容でもキャストに「あなた(の役)を推してるよ!」と伝えることはできます。

絵が描けなくても、名前を書いたりセリフを使ってみるだけでも十分に伝わると思います。

私も「誰でもいいからファンサほしい!」と作った面ではファンサがもらえず、「推しからのファンサほしい!」と作った面ではばっちりファンサをもらえました。

あまり長くなりすぎないように、数秒で読めるうちわをつくるというのもポイントかなと思いました。

 

実際に作った感想・まとめ

私は絵が描けないため、他の人みたいに可愛くて綺麗なうちわ作るのは無理なのかな……と思っていました。

しかし、webデコうちわを使って、お気に入りの綺麗なうちわを作ることができたので、とても満足しています。

個人的には、パソコンよりスマホからの方が操作しやすいなと感じました。どこでも作れるのもメリットですね。

デザインしてる時がすごく楽しくて、さらに出来上がったものが届いた時の感動もひとしおでした!

またうちわを作るときに使っていきたいサービスだと思いました!

うちわ作りに迷う方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?