推し活/おた活

ME-Q(メイク)でオーダーメイドのチケットケースを作ろう!

 

観劇やライブなどで欠かせないチケット

持ち運ぶときに折れてほしくない、綺麗に持ち歩きたいと思う方も多いのではないでしょうか。

市販の安いチケットケースだとプラスチック製で頼りないし、しっかりした作りのものは値段が高かったりします。

できれば合皮で、鞄に入れても折れない作りで、身分証明書も一緒に入れられると嬉しい……。お値段は2000円以内で……。

そんなワガママも、ME-Q(メイク)でかなえられちゃいます!

今回は、自分の好きなイラスト・色・柄で注文できる、オーダーメイドのチケットケースを頼めるサイト・ME-Qを紹介します!

実際に私が注文したチケットケースも載せていますので、よかったら参考にしてください。

 

ME-Q(メイク)とは?

ME-Q(メイク)は、オーダーメイドでオリジナルグッズのデザインができるサイトです。

スマホケースやスマホアクセサリー・モバイルバッテリーなど様々なアイテムがあり、自分だけのグッズを好きなように作成できます。

AirPodsケースやglo(グロー)・IQOS(アイコス)のケースもカスタマイズできるなど、アイテムの幅が広いため、作りたいものがあるなら一度はサイトを見てみるといいと思います。

デザイン作成が無料で行えるのもポイント。

まずはお試しでデザインだけでも利用してみる、というのもいいのではないでしょうか。

デザインする際は、著作権等に十分留意して行うようにしましょう。

ME-Qサイトの「ご注文前の注意事項」も一度目を通しておくといいと思います。

私が作ったチケットケース・納期や料金について

実際に作ってみたチケットケースがこちらです。

絵やデザインに自信がないので、色と文字をのせるだけのシンプルなチケットケースにしました。

絵が描けなくても、オリジナルグッズを作れますよ~!

私の場合、注文から10日前後で無事に手元に届きました。

アイテムごとに納期表が記載されているので、実際に注文したいもののページを見てみることをおすすめします!

商品の価格+送料で1,800円以内に収まっていたのでコスパもいいです。



実際のデザイン・購入方法

ME-Qでは、ポケット4つのチケット入れケースと、ポケット4つ+クリアポケットのチケット入れケースPlus2種類のチケットケースを作成できます。

今回は、実際に私も作成してみたポケット4つのチケット入れケースのデザイン方法を解説していきます。

まずは、チケットケースの中面の色をブラック・キャメル・ホワイトから選びます。

ME-Qする!をタップすると別ウィンドウでデザイン画面が開くので、色や写真などを追加できます。

デザイン途中での保存・呼び出しもできるので、何パターンも作ってみて比べるのもありです!

デザインが完成したら、購入するをタップしてショッピングカートへと進みます。

Amazonアカウントがあれば、ME-Qへの会員登録なしで購入できます。

注文内容の確認・受付完了・発送完了の3段階で確認メールがくるので、どこまで注文が進んでいるか分かりやすくなっています。

 

まとめ

今回は、オリジナルチケットケースを作るのにオススメなサイトME-Q(メイク)をご紹介しました。

市販のものがイマイチだな……と感じたときは、このようなサービスを活用して自作してみるのも楽しいと思います!

チケットケース以外にも様々なグッズを作成できるので、気になる方は試してみてください。

ME-Q公式サイト